FC2ブログ
どうなるかわかんないんで下げます。
そこまで過激にはならないように気をつけます。




今日は夕方から雨の予報だった。
実は昨日から知っていた。
なのに傘忘れた自分アホスとか思いながら、雨に濡れて帰る覚悟をしてた。
そしたら、守衛のおっちゃんがビニール傘を貸してくれたんだ。
私と、友人のぶん、2本。
貸してくれたんだ。
優しいおっちゃんに感謝しながら帰ったよ。
「ありがとうございました」って言って返しに行くの、楽しみなぐらいに嬉しかったんだ。
なのに。
コンビニでお金おろしてる間に、おっちゃんの優しさが詰まった傘は持っていかれてしまった。
知らない誰かに。
見た事も無い誰かに。
もし持っていかれたのが自分の傘だったなら。
「しょうがないか」で済んだかもしれない。
でも、何も知らない他人に。
優しいおっちゃんの気持ちをないがしろにされた。
許せない。
許さない。
見たことも無いけど。
会った事も無いけど。
絶対ずっと、許さない。
例え自分のビニール傘と勘違いしたんであっても許さない。

ビニール傘ぐらいで騒ぐなとか。
そんなことを言われても、この気持ちは収まらない。
大体、そんなことを言うのは、自分も人のものを盗んで平気な人だからでしょう?
自分がやられたら怒り狂うくせに、自分がやる事には無関心なんでしょう?
そんな腐った人間に、説教されるいわれは無い。
あなたたちは、自分の痛みを他人に置き換えられない臆病者じゃないか。
自分の行いだけを正当化する、ただの卑怯者じゃないか。
そんな人ばかりだから。
嗚呼。
嘆かわしい。
人の痛みを理解出来ない奴は、ただの生物だ。
動物たちよりも、下にいる存在。
そんな中に生まれてしまった。

ああ。









取りあえず返す分の傘はコンビニで買いました。
あの土砂降りの中傘無しで歩き回るのはつらかったし。
これは、人のものは持っていかないでと。
そういうお願い。
書いてる間に泣きそうになったけど(笑
まあ取り合えず。
今日傘持っていった奴はブッ殺☆
念力送っとくから明日から覚悟しやがれ♪




移動の電車の中で何気なく日記を読ませていただいていたのですが、物凄く悲しい話で...ケータイ見つめながら駅が3つくらい過ぎました。
物がなくなった事じゃなくて、優しさを踏みにじれた事が許せない。
読んでてとても悔しい気持ちになりました。

でもどうにもならない...
そこがまた悔しい。

嫌だな...
【2008/11/25 22:52】 URL | arael #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 箱庭の空, All rights reserved.