上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人的メモ。
あんまし気にするな。
コンピュータにマイクや電子楽器を接続するには:
◼コンピュータにオーディオ入力ポートがある場合は、マイクや電子楽器を接続してオーディオを録音できます。
コンピュータの「サウンド」環境設定でサウンド入力を必ず「ライン入力」に設定してください。
アップルメニューから「システム環境設定」を選択し、「サウンド」をクリックして、「サウンド」パネルの「入力」ボタンをクリックします。
次に、サウンド入力リストの「ライン入力」を選択してから、「入力音量」スライダをドラッグして入力レベルを設定します。

◼オーディオインターフェイスをコンピュータに接続し、音源やマイクをそのオーディオインターフェイスに接続して録音することができます。
オーディオインターフェイスは、USB、FireWire など、互換性のあるさまざまな形式のものを利用できます。

◼オーディオインターフェイスからの入力を録音する場合は、コンピュータにオーディオインターフェイスを接続して、「GarageBand」>「環境設定」と選択し、「オーディオ/MIDI」をクリックします。
次に「オーディオ入力」ポップアップメニューからオーディオインターフェイスを選択します。
スピーカーを出力用のオーディオインターフェイスに接続している場合は、「オーディオ出力」ポップアップメニューからオーディオインターフェイスを選択します。

◼また、適切なオーディオインターフェイスを使ってオーディオミキサーやコンソールをコンピュータに接続し、そのミキサーを介してマイクや音源を録音することもできます。
これにより、多数の音源またはマイクを使って同時に録音できるようになります。

ギターや非通電状態のマイクなど、オーディオ入力によっては、入力信号のレベルを上げるためにプリアンプを使う必要がある場合もあります。

オーディオインターフェイスを使って音源を接続する場合は、Mac OS X と互換性があるかどうかを製造元が提供する仕様書で確認してください。
また、オーディオインターフェイスが、お使いのコンピュータのサポートしている形式であることも確認してください。
付属の説明書の指示に従ってください。適切なドライバをコンピュータにインストールする必要がある場合があります。


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 箱庭の空, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。